東京でおすすめの人間ドックを大解剖!【人間ドックペディア編集部】

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

【医師監修】生活指導・アドバイス

こちらのページでは人間ドックの後の医師からの生活指導・アドバイスについて解説しています。

人間ドック、受けっぱなしになっていませんか?

よくあるのが人間ドックを受けっぱなしにしてしまうということ。検査を受けて満足してしまって、今までどおりの不摂生な生活を送ってしまうという人も多いのです。

人間ドックは重大な疾病を見つけることも目的の一つですが、それ以外にも大病の兆候や生活習慣を見直すきっかけとするといった目的があります。

大きな病気でなかったからと言っても決して安心はできません。

大事なのは、人間ドックを受けたあと

人間ドックよりも重要なのは、人間ドックの結果を踏まえて生活習慣を改善していくことです。たとえ人間ドックで異常がなかったとしても、加齢によって年々病気のリスクは高まります。

また、暴飲暴食や飲酒、喫煙、運動不足などを続けていると、今は良くても将来病気にかかる可能性が高くなるのです。

特にがんや生活習慣病は、食事や運動といった日頃の生活スタイルが大きく関わってきます。不摂生が積み重なって、気づいたら重篤な症状になっていたということもあるのです。

がんや生活習慣病にかからないため、人間ドックの結果をもとに生活習慣を改善していくことが重要。たとえば人間ドックを受けた後に食生活の改善や禁煙サポートなどの指導を受けることもできます。人間ドックを受けて、異常が出なかったから満足するのではなく、人間ドックを良いきっかけとして生活習慣の改善に努めましょう。

編集部メンバーが思う人間ドック後の生活指導・アドバイスの重要性

「人間ドックペディア」編集部では、人間ドックの受診経験があるメンバーが集まっています。それぞれが医師から受けた生活指導を踏まえ、人間ドックについて思うことを語ってくれました。

編集部Aさん:不摂生な生活を自覚していたので、検査結果に関してはかなり覚悟して臨みました。でも実際に受けてみると、意外にも問題が少なくてビックリしました。とは言え、酒好きもたたって肝臓や内臓脂肪については指摘を受けたわけですが…。
ただ結局は、このまま自堕落で不摂生な生活を続けていれば危険!ということは身にしみて感じました。休肝日を設けて、運動を続ければ疲れやすい・腰に痛みがあるといった不協和音は消えると先生もアドバイスしてくれたので、実行していかねばと謙虚な気持ちになれました。
編集部Bさん:健康診断の強化版だと思っていましたが、例えるなら、受診者が回遊する形式の健康診断は、給食当番、1人に対してその人がもっとも心地よく待たないで対応してくれる人間ドックは、フレンチのフルコースといったところでしょう。
生活指導では、無理のない範囲で生活指導をしてくれました。これだけやめたらまず効果がでるよといった先生の話し方は、「そんなの絶対無理」と思うことなく実行できそうです。「まだ大丈夫…大丈夫」と体に悪いことをしがちな日々なので、それではダメと認識するために年に1度、せめて3年に1度くらいは人間ドッグを受けたほうがよいなと思いました。
編集部Cさん:尿酸値、悪玉コレステロールなど、20代では予想外の項目で引っかかることがあり、非常に良い機会でした。毎年受けている健康診断では指摘されたことがありませんでしたし、早めに人間ドックを受けた方がよいと思います。
健康診断をイメージしていて、いろんな部屋をたらいまわしになると思っていましたが、先生や看護師さんの説明も非常に丁寧で「今自分は何されているんだろう…?」という疑問もなく安心して受けることができました。

監修者・東京人間ドッククリニックでは

人間ドックを受けたときには健康に対する意識は高くても、時間が経つにつれて薄れていくもの。後日検査結果を見ても、受け止め方が違ってくることでしょう。

東京人間ドッククリニックでは、人間ドックを受けたその日のうちに、検査結果の一部をもとに院長先生が生活指導を行ってくれます。多くのクリニックでは結果が後日送付になる血液検査も、当日に結果が出ることからより精密な結果のもとにアドバイスをしてくれるのです。

仮に重大な結果が出た場合は、その場で対処方法をアドバイス。病気と診断されなくても、検査結果に基づいて、今後どのような生活を送ってくべきなのかを具体的にアドバイスしてくれます。受診する方の生活習慣や嗜好に合わせて、何をやめる・何をはじめるべきか教えてくれるので、生活習慣改善へのハードルが下がります。

特に東京人間ドッククリニックではメタボリックシンドロームとがんの予防に注力。食生活の改善や、禁煙指導・アドバイスを受けることができます。

自力だけで禁煙や食生活の改善はなかなか難しいものですが、東京人間ドッククリニックでは先生からの指導を受けて禁煙に成功したという実績が多数あります。また、無理に禁煙を推進するばかりでなく、がんのリスクを下げる電子タバコを推薦してくれる場合もあるようです。

人間ドックの結果を材料にして、正しい生活習慣に改善しましょう。

監修医情報:
若杉慎司先生
(東京人間ドック
クリニック)
監修医情報 東京人間ドッククリニック

人間ドック専門クリニックだからこそ、効率的な検査を実施して短時間の人間ドックを実現。   当日中に検査結果の説明や生活指導が受けられ、その日のうちから病気のリスクを低減するための生活習慣改善が可能です。日本外科学会認定医、日本消化器外科学界認定医、日本医師会認定産業医、日本人間ドック学会認定医。
電話番号:03-5855-0590