東京でおすすめの人間ドックを大解剖!【人間ドックペディア編集部】

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

半日人間ドック

このページでは、東京人間ドッククリニックを参考に、半日で終わる人間ドック「半日人間ドッグ」について掲載しています。 東京人間ドッククリニックでは70分という驚異的な早さで人間ドックを行ってくれます。その早さの秘密に迫ります。

平均滞在時間70分?東京人間ドッククリニックの人間ドックが半日もかからないワケ

70分のスケジュール

東京人間ドッククリニックではどのような流れで人間ドックを行っているのでしょうか?まずは人間ドックのスケジュールを見てみましょう。

  • 検査前に専用の控室で検査着に着替えた後待機
  • 身体測定、血圧、身長、体重を確認
  • 胸部レントゲン撮影
  • 聴力検査
  • 腹部超音波検査で内臓の様子を確認
  • 経口胃カメラよりも負担が少ないと言われる経鼻胃カメラで胃を検査
  • ヘリカルCTで頭部、胸部、内臓脂肪を測定
  • すべての検査が終わったあとに、結果について分かりやすく説明

以上のような行程を70分で行います。

効率的な検査手順と待ち時間を極力削減

以上の行程を見ると、「本当に70分で終わるの?」と思われるかもしれません。実は人間ドックの時間がかかる大きな原因の1つに待ち時間が挙げられます。

病院や健康診断に行けば、多かれ少なかれ待ち時間は発生するものです。特に人間ドックの場合は検査が複数ありますので、待ち時間が多くなりがちです。

東京人間ドッククリニックでは検査の行程を効率化。その手際の良さには定評があります。検査が終わったらすぐに次の検査に入れるよう、予めスケジューリングされていますので、流れ作業のように次の行程に進めます。

もちろん、通常の病院もなるべく待ち時間を短く、検査時間を短くしようと努力していますが、人間ドック以外にもさまざまな診察を行っているので、どうしても待ち時間が長くなる傾向があります。

東京人間ドッククリニックは人間ドックに特化したクリニックなので、効率的に検査のスケジュールを組み、待ち時間も少なくすることができるのですね。

70分であれば仕事を1日休む必要もなし。午前だけの半休を取得するだけで人間ドックに行けてしまいます。さらに、土日も検査を受けられるので休みが取れない人も安心。貴重な休日をまる1日無駄にすることもありません。

もちろん、70分とはいえ、検査項目は病気のリスクを知るには十分。まずは病気のリスクの有無を半日ドックで調べてみることをおすすめします。

半日ドックを行う東京人間ドッククリニックの基本情報

東京人間ドッククリニック
検査費用 節約人間ドック/48,600円
標準人間ドック/59,400円
日帰り(1日)コース:35,000円~50,000円程度
1泊2日コース:50,000円~70,000円程度
脳ドック:25,000円~50,000円程度
心臓ドック:25,000円~50,000円程度 PETコース:80,000円~150,000円程度
住所 東京都荒川区東尾久1-30-8
アクセス 新三河島駅から徒歩7分
TEL 03-5855-0590
URL http://www.e-dock.jp/

東京人間ドッククリニックで受けられる検査

標準人間ドック

東京人間ドッククリニックでは、標準的なコースにも胃カメラなどが含まれるのが特徴です。網羅的な検査でありながら、2時間弱という短い時間で終えることができ、検査後に生活指導も受けることができます。

コース名 標準人間ドック
費用 59,400円
検査項目 基本的な検査/血液検査/胸部レントゲン/胃カメラ/乳腺エコー/胸部・内臓脂肪CT/腹部エコー/心電図
有料オプション 腫瘍マーカー(6,480円)/頭部CT(5,400円)/大腸カメラ(27,000円)/ピロリ菌検査(3,240円)

節約人間ドック

会社などで既に健康診断を受けたという人に向けて、重複するような検査を省いたものがこの「節約人間ドック」です。レントゲン等の一般的な検査を省き、胃カメラやCTなど人間ドックならではの検査だけに絞って検査ができるのが特徴となります。

コース名 節約人間ドック
費用 48,600円
検査項目 基本的な検査/胃カメラ/胸部・内臓脂肪CT/腹部エコー

成人病検診

一般的な成人病検診ですと血液検査等がメインになることが多いですが、東京人間ドッククリニックでは胃カメラも含む、人間ドックと比べても遜色ない内容となっています。

コース名 成人病検診
費用 41,040円
検査項目 基本的な検査/血液検査/胸部レントゲン/胃カメラ/腹部エコー/心電図

消化器ドック

ピンポイントで胃カメラ・大腸カメラを受けたい人におすすめのコース。静脈麻酔を打ってからの検査になるので、苦痛を感じることがなく検査を終えることができます。トータル時間も30分程度と短いながらも、胃や大腸をしっかりと調べることができるのです。

コース名 消化器ドック
費用 48,600円
検査項目 胃カメラ/大腸カメラ/腫瘍マーカー

プレミア人間ドック

胃カメラや胸部CTを備えた標準ドックに加え、脳ドックやPET検査といった検査の精度をさらに高める項目が追加されたのがプレミア人間ドックです。病気のリスクが高まる50歳以上の方にはぜひ受けていただきたい人間ドックになります。

コース名 プレミア人間ドック
費用 221,400円
検査項目 基本的な検査/血液検査/胸部レントゲン/胃カメラ/大腸カメラ/乳腺エコー/胸部・内臓脂肪CT/頭部CT/腹部エコー/心電図/腫瘍マーカー/MRI(脳ドック)/PET

半日ドックで受けられる検査項目を詳しくチェック

実際に半日ドックで受けられる検査では、どんな病気やリスクが分かるのでしょうか。こちらでは、東京人間ドッククリニックの標準人間ドックに含まれる検査項目を例に、どんな病気を知ることができるかを調査した結果をまとめています。

各検査については、サイト内で詳細にまとめたページもあるのでそちらも参考にしてみてください。

胃カメラ

胃カメラ検査では、超小型カメラを体内に入れることで、胃や食道の状況を把握することができる検査です。胃炎やポリープといった症状から、胃がんや食道がんといったがんも発見につなげることができます。実際にモニターを見ながら状況を確認できるため、検査の際はモニターを見て説明を受けることができます。

胃カメラは通常、口から挿入する経口タイプが多いですが、東京人間ドッククリニックで採用しているのは鼻から挿入する経鼻のものです。経鼻胃カメラは、経口に比べて苦痛が少ないと感じる方が多いようです。バリウムの検査と比べても、不快感を抑えることができます。検査の際は麻酔を使用するため、痛みを感じることもほとんどありません。

クリニックによっては、胃カメラはオプションとなっているところもありますが、東京人間ドッククリニックでは胃カメラが標準のコースに含まれています。半日という短時間の中でも、麻酔~検査までしっかりと行ってもらえます。モニターを見ながら、胃の状況などを確認することができるので、安心しながら聞くことができるのです。

胸部CT

胸部CTでは、健診などで用いられるレントゲンとは違い、体の断面を確認することができます。主流であるヘリカルCTでは、X線をらせん状に回転させながら撮影していくことで、断面の確認が可能になっています。検査の際はベッドに寝ている状態で撮影が行われるので、特に苦痛などを感じることはありません。

胸部CTでは、肺がんのリスクを知ることができます。肺がんは死亡率も高く、早めに検知して治療にあたるのが望ましいです。レントゲンでの検査では、がんがある程度の大きさになっていないと発見しづらいことがあり、その時点ではすでに手遅れになってしまうことも考えられます。胸部CTでは、レントゲンよりも精密に検査できるため比較的早く発見することができると言えます。

胸部CTで分かる肺がん以外の病気としては、肺気腫や結核といった肺に関するものが挙げられます。結核は禁煙では適切な治療で回復することが増えてきましたが、肺気腫になってしまうと完治ができません。肺の状態を把握しておき、病気のリスクをきちんと把握しておくことが重要です。

腹部エコー

エコー検査は超音波検査とも呼ばれ、高い周波数の音波で臓器の状態を調べるものです。肺のように中が空洞になっているものではなく、肝臓などの中が詰まっている臓器が対象となります。検査の際には、ブローブという機械をあてがって測定します。産婦人科で胎児の状況を調べるときに使われているので、イメージしやすい方も多いのではないでしょうか。

エコー検査で分かる病気としては、肝臓や腎臓んばどのがんや、胆石、腎結石など肝臓や腎臓、膵臓といった臓器にまつわるものが多く挙げられます。検査だけでなく、治療における経過観察で使われることもあり、何度繰り返し検査しても身体に負担がかかることはありません。

エコー検査では肺の他に骨など、超音波が透過できないものは検査することができません。また、検査には一定の技術が必要とされています。エコー検査だけに頼るのではなく、さまざまな検査を組み合わせて判断することで、より病気のリスクが見つけやすくなります。