東京でおすすめの人間ドックを大解剖!【人間ドックペディア編集部】

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

オプション費用

人間ドックの基本検査項目は、どこの病院で受けてもほぼ同じ項目です。オプションは基本項目以外の検査を言い、病院や人間ドックセンターによってコースに組み込まれていたり、有料だったりと種類と内容が異なります。このページではよくある3種類のオプションをピックアップし、検査内容や費用相場をまとめました。

人間ドックのオプションとその費用感

人間ドックを行っているクリニックでは、各クリニックが用意している複数のコースのほかに、受診者の希望に応じたオプション項目を用意していることが一般的。以下、一般にオプションとされていることが多い4項目について、それぞれの検査の特徴や費用感などについて解説します。

胃カメラ

胃カメラによる検査で、食道や胃におけるポリープの有無(良性・悪性含む)、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の有無などが判明します。一般的な人間ドックではバリウム検査が行われますが、バリウムによる検査に比べ胃カメラの検査は、検査時の苦痛が少ない点、検査結果の精度が上がる点などが特徴です。

CT

X線を使い、頭部や胸部、腹部などの断層図を映し出す検査です。肺がんや大動脈瘤、結石など、さまざまな病変を発見することができます。クリニックによっては、人間ドックの標準検査項目にレントゲンのみを入れ、CTをオプションとしているところも少なくありません。

CTのオプション料金の相場は、胸部が10,000~15,000円、腹部が15,000~20,000円程度です。

PET検査

比較的進行しているがんを発見するための検査です。一般には、通常の人間ドックやがん検診などを受けたうえで受診します。人間ドックのオプションとしてのPET検査の費用相場は、80,000~150,000円ほどと高額です。

MRI

MRIとは、磁力と電磁波によって体の断層図を撮影する検査。人間ドックのオプションとしては、主に脳ドックに利用されています。オプション価格の費用相場は25,000~50,000円ほどです。

脳の疾患を診断する頭部CT

丸い筒の形をした機器にあおむけの状態で頭部を入れ、X線を使って頭部の断面写真を撮影する検査です。脳腫瘍・脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血・脳浮腫など、脳の疾患を調べることができます。

似た検査に脳ドック(頭部MRI)があり、動脈硬化・脳血管動脈瘤といった、細かい脳の血管状態を診断可能です。脳ドックは頭部CTよりも精度が高い分、検査時間は30分以上・費用は3~5万円ほどかかります。

頭部CTの検査時間は30秒ほどで終わり、費用も5,400~8,000円程度。人間ドックのオプションで受けるなら費用や検査時間を考慮しつつ、気になる病気を踏まえてどちらが良いか選びましょう。

頭部CT 費用相場:5,400~8,000円
脳ドック 費用相場:25,000円~50,000円程度

40~60代の方、高血圧・メタボリックシンドロームと診断された方、喫煙されている方は脳の疾患を発症するリスクが高くなるため受診をおすすめします。

胃の健康状態を診断するピロリ菌検査

正式名称「ヘリコバクター・ピロリ菌」に感染すると、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こす原因となります。ダメージを受け続けると、胃粘膜の防衛機能が低下して胃がんや十二指腸がんを発症するリスクが高まるのです。

人間ドックで胃がん・大腸がん検査に組み合わせると、「胃カメラで炎症の有無+ピロリ菌の有無」を調べ、胃の健康状態を診断できます。

人間ドックで受けられるピロリ菌検査は、以下の4つです。

検査名 費用相場 検査内容
尿素呼気検査 3,000~5,000円 尿素が含まれた薬を服用し、呼気中の尿素濃度で診断します。
血液検査 2,000~3,000円 採血を行い、血液中にピロリ菌に対する抗体ができているか診断します。
便中抗原検査 1,660~2,000円 検便をして、排泄されたピロリ菌があるか診断します。
内視鏡検査 2,300~30,000円 内視鏡で胃粘膜の状態を診断します。

年齢が高くなるに比例して、ピロリ菌の感染率も高くなります。40代以上の方、とくに50代以上は70%以上の方が感染している可能性があるので、検査をおすすめします。

がんの進行を診断する腫瘍マーカー

がん細胞が生み出す特定の物質を測定する「腫瘍マーカー」。胃がんならCEAとSTN、食道がんならSCCなど、診断するがんの種類によってマーカーが異なります。

採血を行い、マーカーを投与して数値を測定して正常時と比較するのですが、あくまで進行しているがんに反応するもの。人間ドックやがん検診と組み合わせ定期的に診断を受けることで、大腸がん・胃がん・肺がんといった代表的ながんの他に、診断が難しいがんを発見する確率が高くなります。

検査名 費用相場
(各種マーカーごと) 1,500~3,000円

※単体での検査ではなく、複数のマーカーを組み合わせているコースがほとんどです。

病院によっては各種マーカーだけではなく、「女性特有のがんを診断するセット」や「消化器がん腫瘍マーカーセット」、または「肺・肝臓・胃・膵臓・前立腺・大腸」など、代表的ながんをまとめて診断するセットがあります。

女性が発症しやすいがん、男性が発症しやすいがんなど、ご自身の性別や年齢に合わせて検査を受診しましょう。

監修クリニック・東京人間ドッククリニックのコース

当サイトの監修をお願いしている東京人間ドッククリニックでは、一般にオプションとされる上記4種類のうち、「胃カメラ」と「CT」を全てのコースの中に含んでいます。コースに含まれていない項目を検査したい場合に限り、以下の「無料オプション」「有料オプション」の中から希望の項目を選択する形です。

無料オプション

肺年齢測定と呼気中一酸化炭素濃度測定

肺機能測定装置を使用した「肺年齢測定」、および「呼気中一酸化炭素濃度測定」を無料で行っています。胸部CTとの結果と照合することで、慢性気管支炎や肺気腫の診断にも有用です。

禁煙指導

喫煙習慣のある方に対し、禁煙指導を無料で行っています。同クリニックの禁煙指導のみで、実際に禁煙に成功した方は大勢いるとのことです。

乳がん検診

乳がんのリスクが高まる30代半ば以降の女性を中心に、超音波による乳がん検診を無料で行っています。検査にあわせ、乳がんの自己検診の方法も指導しています。

有料オプション

頭部CT/5,400円(税込)

脳腫瘍、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血、硬膜下血腫など、頭部疾患のリスクを検査したい方にお勧めのオプションです。検査は30秒ほどで終了します。

大腸カメラ/27,000円(税込)

大腸ポリープ、および大腸がんの有無を確認するオプション検査です。麻酔下で寝ながら行なう検査のため、検査に伴う苦痛はありません。

ヘリコバクター・ピロリ菌検出検査(血液中)/3,240円(税込)

胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍の主要な原因として知られるピロリ菌。オプションによる血液検査で、ピロリ菌の保有状況を確認します。

腫瘍マーカー/6,480円(税込)

やや進行したがんを発見する際に有効な検査です。腫瘍マーカーの受診は、一般に通常の人間ドックやがん検診を受けていることが前提となります。

東京人間ドッククリニック・基礎情報

東京人間ドッククリニック
住所 東京都荒川区東尾久1-30-8
TEL 03-5855-0590