東京でおすすめの人間ドックを大解剖!【人間ドックペディア編集部】

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

30代女性が受けたい人間ドック

30代の女性が気をつけたい病気

子宮頸がん

30代の女性がもっとも気にかけたい病気があります。それは「子宮頸がん」です。子宮頸がんの発症数は20代から急激に増え、働き盛りの30代女性に多くなる病気です。

このがんは、膣の奥、子宮の入り口にあたる「子宮頸部」という部分に発生します。最大の原因と考えられているのが、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス感染です。子宮頸がんの90%以上の患者さんからこのウイルスが検出されています。

主な感染ルートは、性行為です。性経験のある50~80%の女性が感染経験をもっていると推計されています。性経験のある人は誰でも持っていると考えてよいほど、HPVはありふれたウイルスです。

HPVには100種類以上があり、子宮頸がんの原因になるのはこのうちの約15種類です。なかでも、16型と18型と呼ばれる2種類の感染が、子宮頸がん全体の約70%を占めています。

ただし、HPVは感染後、人の免疫によってほとんどが短期間のうちに排除されます。ところが、約10%は長期にわたって感染が続きます。このうちの約10%に細胞の異常が起こるのですが、それでも約90%は正常な細胞をとり戻します。しかし、残りの約10%が子宮頸がんに進行していくと考えられているのです。

20~30代の若い女性に発症者が急増するのは、性経験の低年齢化が関係します。ウイルス感染からがん発生までには、数年から十年数年かかります。その間、1年に1度は子宮頸がん検診を受け、細胞異常が起こってきた段階で発見できれば、手術は簡単にすみ、その後の妊娠・出産に問題を残さずにすみます。ところが、発見が遅れて子宮、さらには卵巣などの周辺にまでがんが広がってしまうと、広範囲にわたって切除する必要が出てきます。こうなると、妊娠・出産の機会が失われるだけでなく、ホルモンバランスが乱れやすくなるなど、体調管理に難題を残すことにもなりやすいのです。

参照元:公益財団法人 日本産科婦人科学会「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために」
http://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4

参照元:慶応義塾大学病院 医療・健康サイト「ヒトパピローマウイルス(HPV)検査とHPV感染予防ワクチン」
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/medical_info/presentation/201101.html4

乳がん

もう1つ、30代女性に気をつけてほしいがんがあります。乳がんです。乳がんも30代後半から増加する女性特有のがんの一つです。日本人女性がかかるがんのなかでもっとも多い病気で、罹患率は右肩上がりに増えています。現在、9万人の女性が年間に乳がんと診断され、約14000人が亡くなっています。決して人ごとではない状況に私たちは置かれているのです。

なぜ、日本人女性に乳がんが増えているのでしょうか。原因の一つは少子化です。

乳がんは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが関与しています。欧米人並みに高たんぱく・高脂質の食事が日常的になって、女性の体格はよくなりました。それにともない初潮が低年齢化する一方、閉経が遅くなる人が多くなっています。また、社会的に活躍する女性が増え、妊娠・出産の経験数が減ったことで月経回数が多くなりました。月経の回数が増えればそのぶん、エストロゲンにさらされる時間が長くなります。こうしたことが、乳がんの女性を増やしていると考えられています。

参照元:ピンクリボンフェスティバル「乳がんとは」
http://www.pinkribbonfestival.jp/about/

受けるべき検査項目や頻度とは?

子宮頸部細胞診(子宮頸がん検診)

子宮頸がんは子宮の入り口、つまり子宮の外側にできるがんであるため、検査によって発見しやすいという特徴があります。細胞診では、子宮口から綿棒やヘラを入れて子宮頸部を軽くこすり、細胞を採取します。これを顕微鏡で確認し、良性か悪性かを判断します。子宮頸がん検診の受診率は20-69歳の日本女性では約42%にしかなりませんが(2016年時)、欧米諸国の受診率は60~80%にもなります。また海外では、HPVのDNAを調べて、陽性の人には精密検査を進める検査法が主流になりつつあります。

参照元:厚生労働省 平成30年度 がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン「低い日本の検診受診率」
https://www.gankenshin50.mhlw.go.jp/campaign_30/outline/low.html

乳腺エコー(超音波)検査

乳房に超音波を当てて乳腺を画像化し、がんを探す検査です。小さなしこりから診断でき、良性か悪性かという性質もある程度わかります。乳がんは、腫瘍径が2cm以下であれば、乳房を温存する方向で手術を行える可能性が高くなります。エコー検査は自治体の検診では受けることができず、人間ドックなどで受診する必要があります。

一方、40歳になると自治体の検診でマンモグラフィ検査が開始されています。専用の機械に乳房を挟み、レントゲン撮影によって乳がんを診断します。ただ、X線の特性によって、乳腺の発達した20代、30代女性の乳房ではがんを見つけにくいという弱点があります。30代では乳腺エコー検査を二年に一度受けるのが良いでしょう。

基礎健診

30代女性は通常、生活習慣病にかかることはまれでしょう。ただ、家族性で遺伝がある場合はまれですが発病することがあります。

生活習慣病はある日突然起こるのではなく、10年20年かけて行った不摂生と加齢による老化が原因して生じてくる病気です。充実した検査を受けたいという人は、人間ドックをおすすめします。

基本的な検査に加えて「血液検査」「胸部レントゲン」「胃カメラ」「乳腺エコー」「腹部エコー」「心電図」などの検査によって、がんを含む生活習慣病の有無や、発症の兆しを見つけていくことができます。

監修医情報:
若杉慎司先生
(東京人間ドック
クリニック)
監修医情報 東京人間ドッククリニック

人間ドック専門クリニックだからこそ、効率的な検査を実施して短時間の人間ドックを実現。   当日中に検査結果の説明や生活指導が受けられ、その日のうちから病気のリスクを低減するための生活習慣改善が可能です。日本外科学会認定医、日本消化器外科学界認定医、日本医師会認定産業医、日本人間ドック学会認定医。
電話番号:03-5855-0590