東京でおすすめの人間ドックを大解剖!【人間ドックペディア編集部】

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

20代女性が受けたい人間ドック

社会人になり、「さあ、これから!」と希望にあふれている20代。仕事に恋愛、結婚、出産、育児……。未来には、毎日の出来事に奮闘しながらも、キラキラと輝くあなたの夢があるはずです。でもある日、病気に襲われるようなことが起こったら、その夢はどうなるのでしょう。

多くの病気は、突然発生するものではありません。時間をかけて身体のなかでだんだんと進行していくものです。その進行を防ぐためには、早期発見がいちばんの道です。人間ドックはそのためにあります。早期発見によって守られる夢と命があります。大切な未来を守るために、20代女性に受けていただきたい検査を紹介しましょう。

20代女性に考えられる疾病のリスク

「女性だからこそ起こる病気」があります。多いのは、子宮に起こるがんです。

子宮がんには主に、子宮体がんと子宮頸がんがあります。子宮体がんは、子宮の内側にある子宮内膜という部分から起こるがんで、40代から増え始め、閉経前後の女性にもっとも多くみられます。一方、20代女性が注意したいのは子宮頸がん。膣の奥、子宮の入り口である「子宮頚部」という部分に発生するがんです。20代から30代の女性に急増します。

子宮頚がんは、検診によってほぼ発見できます。しかも、早期発見できれば、予後がよいという特徴があります。この場合、「円錐切除」という手術で治療することになります。

円錐切除とは、開腹せず、膣から子宮頚部の一部を円錐形に切り取る手術方法です。がん化している部分をとり除く手術になりますから、発見が早かった場合、子宮頚部の多くを守ることができ、性生活や妊娠にも大きな不安を残さずにすみます。もちろん、子宮を守ることもできます。

ところが発見が遅れてしまうと、そのぶん切除部分が厚くなります。性行為によって出血や痛みを起こしやすく、妊娠後も、流産や早産、低体重児の出産など、リスクをともなう可能性が出てきます。

さらに発見が遅れ、がんが子宮頚部を超えて広がってしまうと、全身への転移を防ぐために、子宮を摘出する必要が出てきます。

この子宮頸がんの主な原因は、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染です。感染経路は、性行為です。ただ、HPVは決して特別なウイルスではありません。ありふれたウイルスの一種で、性経験のある50~80パーセントの女性がこのウイルスを持っていると推計されています。だからこそ、性経験をもつ年齢になったら、女性は子宮頸がん検診を必ず受けておきたいのです。

また、女性特有の病気に、乳がんもあります。20代後半からじわじわと患者数が増え始め、30代に急増して、50代前後にピークを迎えます。乳がんも早期発見・早期治療の効果の高いがんです。乳がんの治療の現場も、日進月歩の勢いで進んでいます。早期の小さな腫瘍であれば、局所麻酔で腫瘍をすみやかにとることもできます。しかし、発見が遅れると、大切な乳房を切除しなければいけない可能性が高くなります。20代で発病する人は少ないものの、ゼロではありません。検査はまだ必要ないと思いますが、30代になるに向けて意識し、月に1回は自己検診をしておきましょう。

さらに、胃がんの原因になるヘリコバクター・ピロリという細菌に感染していないか、調べておくとよいと思います。胃がんは日本人にとても多く、年間およそ5万人が命を落としています。

現在、20~30代の10~20パーセントがピロリ菌に感染していると推測されています。ただし、この時期に除菌できれば、男女ともに高い確率で胃がんを予防できることがわかっています。現在、ピロリ菌は検査も除菌も健康保険が適応されます。早めに検査を受けておくとよいでしょう。

参照元:hatapyロゴNPO法人 二十歳のピロリ菌チェックを推進する会「ピロリ菌が見つかったら」
http://hatapy.org/check/after.html

参照元:公益財団法人 日本産科婦人科学会「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために」
http://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4

20代でも子宮がんは起こりやすい

受けるべき検査項目や頻度とは?

子宮頚部細胞診(子宮頚がん検査)

膣のなかの状態を医師が診察する「内診」を行い、子宮や卵巣の状態を確認します。そのうえで、綿棒やヘラで子宮頚部を軽くこすり、細胞を採取します。この細胞を顕微鏡で観察すると、良性か悪性かがわかります。20歳をすぎた女性は年に1回受診しておくことが大切です。

乳腺超音波検査

センサーを乳房に当て、超音波を使って乳腺を画像化します。5mm程度の小さなしこりから診断でき、良性か悪性かという性質もある程度わかります。乳がんは、腫瘍径が2cm以下であれば乳房温存手術を選択できる可能性が高くなります。20代から検診を進める医療機関もありますが、30代からの受診が一般には推奨されています。なお、乳がんの検査にはマンモグラフィ検査もあります。乳腺の発達した若い女性の乳房では、X線の特性により、しこりを見つけにくいことがあります。そのため、マンモグラフィ検査は20代女性には有効性が低いとされています。

腫瘍マーカー

腫瘍とは、体内の細胞が突然変異して増殖し、しこりになった状態のものです。良性と悪性があり、がんは悪性の腫瘍です。身体のなかに腫瘍ができると、健康時にはあまり見られない特殊な物質がつくられ、血液中に分泌されることがあります。この血液中に見られる物質が「腫瘍マーカー」です。この検査では、採血によって腫瘍マーカーを測定します。主にがんの進行のぐあいや治療の効果を調べる際に使われます。子宮頸がんの検診で行われることは少ないですが、乳がんや胃がんの検査では一緒に受けると精度がより高まります。

監修医情報:
若杉慎司先生
(東京人間ドック
クリニック)
監修医情報 東京人間ドッククリニック

人間ドック専門クリニックだからこそ、効率的な検査を実施して短時間の人間ドックを実現。   当日中に検査結果の説明や生活指導が受けられ、その日のうちから病気のリスクを低減するための生活習慣改善が可能です。日本外科学会認定医、日本消化器外科学界認定医、日本医師会認定産業医、日本人間ドック学会認定医。
電話番号:03-5855-0590