【法人契約なら】東京でおすすめの人間ドックを紹介

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

【医師監修】胃カメラ

このページでは、人間ドックでの検査項目の一つである胃カメラの検査内容や胃カメラの流れを紹介しています。鼻から入れる胃カメラについても詳しく解説しています。

胃カメラ検査とそこでわかる様々な病気

人間ドックの検査項目の一つである胃カメラは、正式には「上部消化管内視鏡検査」と言って、通常は口から十二指腸にまでカメラを挿入し、先端の超小型カメラで十二指腸→胃→食道の順に観察していきます。

診察室検査を始める前に、うがいの要領でのどに麻酔のゼリーを溜め、カメラ挿入直前に麻酔のスプレーを噴霧することで、嘔吐反射を最小限にします。その他に、のど麻酔をした後に、睡眠導入剤を静脈に注射し、眠った状態で検査を行う場合もあります。

胃カメラの検査でわかる病気には胃がん・食道がん・十二指腸がんといった悪性腫瘍などが挙げられます。いずれも症状がある程度進行しないと症状が現れず、発見が遅れるケースが多いです。

胃炎(急性胃炎・慢性胃炎など)、消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍など)、胃ポリープ・十二指腸ポリープ・逆流性食道炎といった良性疾患も胃カメラで発見することができます。胃炎などは日常的に起こりうる症状ですが、その原因は暴飲暴食であったり、お酒の飲み過ぎ、不規則な生活習慣であったりします。こうした生活習慣はがんや生活習慣病にもつながるので、改善すべきです。

また、検査と同時に病変や上部消化管内の粘膜の一部を「鉗子」と呼ばれる機器を挿入して採取することができます。採取された組織は顕微鏡で詳しく観察してどのような病気か確定する「病理検査」や、ピロリ菌感染の有無を判定する検査に用いられます。

さらに、検査を行った際に上部消化管内に出血が見られたときには出血を止める薬剤を注射・噴霧したり、出血部を医療用クリップで留めたりと、検査と同時に治療を行うことも可能です。

食道

食道がん

食道の内側を覆っている粘膜から発生するがんです。食道がんは、喫煙と飲酒が発症に大きく関与しており、男性の方が女性よりも5.5倍ほど罹患しやすいとされています。

早期(ステージⅠ)の段階では自覚症状はほとんどありません。しかし、進行してがんが大きくなると、食欲不振、嘔吐、胸の痛みといった症状が現れます。

食道がんは進行が速く、比較的早い段階で肺や脳などへ転移を生じるのも特徴です。早期の段階で発見された場合でも5年生存率は75%ほどであり、進行した場合の5年生存率は20%未満。早期発見・早期治療が強く望まれるがんの一つです。

参照元:食道がん 基礎知識|国立がん研究センター
https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/index.html

参照元:がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計|国立がん研究センター
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html

逆流性食道炎

胃の内容物が食道内に逆流し、胃酸の刺激によって食道の粘膜に炎症が引き起こされる病気です。食後に胸焼けや胸の痛み等の症状が現れ、横になると胃酸が上がってきて口の中が酸っぱくなったり、のどの痛みや咳を引き起こすことも少なくありません。

本来、食道と胃の境目は「下部食道括約筋」と呼ばれる筋肉によって固く閉じられているため、胃の内容物が食道に逆流することはありません。しかし、加齢によってこの筋肉の力が弱まったり、肥満や妊娠、便秘などによって胃が圧迫された状態が続くと、逆流が生じやすくなります。また脂肪分が多い食事をすると、下部食道括約筋を緩めるホルモンが多く分泌されるため、逆流しやすくなると言われています。

基本的には、胃酸の分泌を抑える薬による薬物治療や食生活、姿勢などを含めた生活改善によって対処します。しかし、逆流性食道炎は食道がんのリスクを高めることがわかっているため注意が必要です。

参照元:胃がん 治療|国立がん研究センター
https://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/treatment.html

食道裂孔ヘルニア

食道は横隔膜の「食道裂孔」と呼ばれる穴を通って、胸腔(胸の中)から腹腔(お腹の中)に移行し、胃につながります。横隔膜は一種の筋肉であるため、食道は食道裂孔で適度に締められ、位置が固定されています。

しかし、加齢によって筋力が衰えたり、肥満や妊娠などによって胃が下方から押し上げられると、食道裂孔が広がって胃の一部が胸腔に突出することがあります。このような病気のことを食道裂孔ヘルニアと呼び、胃酸の逆流を引き起こして逆流性食道炎の原因になることがあります。また、げっぷが出やすい、すぐに満腹になるといった症状が見られるのも特徴です。

根本的な治療のためには手術をする必要がありますが、合併症がない限り治療をせずに経過をみていくことがほとんどです。

食道静脈瘤

食道の粘膜下にある静脈が広がって数珠状の瘤のような状態になる病気です。肝硬変や肝臓がんなどによって、門脈と呼ばれる太い静脈内の圧力が上昇することで、食道粘膜下の静脈内の圧力も上昇するために発症します。

食道静脈瘤ができたとしても自覚症状はまずありません。しかし、静脈瘤が破裂すると大量出血を引き起こして、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。このため、破裂する前に発見し、破裂を予防するための治療を行う必要があります。

胃がん

胃の粘膜から発生するがんです。胃の粘膜にただれや潰瘍のような病変を形成し、やがて盛り上がりのあるしこりを形成します。ステージⅠなど早期の段階では、自覚症状がないことも多く、進行すると胃痛や胃部不快感、胸焼け、食欲不振等の症状を引き起こします。またがんからは、じわじわとした出血が続くため、貧血になりやすいのも一つの特徴です。胃からの出血が便と共に排出されるため、粘り気のある黒い「タール便」が見られるようになり、それが胃がん発見のきっかけになることも少なくありません。

女性よりも男性の方が発症しやすく、50~80歳頃が好発年齢とされています。しかし、胃の表面に顔を出さず、胃の壁の中でがん細胞が生育するタイプの「スキルス胃がん」は、30代頃の若者にも多く発症します。

胃がんの5年生存率は、早期の段階であれば95%を超えています。また、早期であれば内視鏡治療など身体への負担が少ない治療を行うことができ、完治を望むことも可能ながんと言ってよいでしょう。

参照元:がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計|国立がん研究センター
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html

胃潰瘍

胃の粘膜にダメージが加わって炎症や出血を引き起こす病気です。重症化すると粘膜が深く抉れて、胃穿孔(胃の壁に穴が開く病気)を生じることもあります。

40~50歳代の男性に多く見られ、食後に胃痛や胸焼け、吐き気などの症状を引き起こします。また、病変部から出血がある場合には貧血症状が見られることも少なくありません。重症化すると、胃の壁の中の太い血管が傷ついて一気に大量の出血を引き起こし、吐血することもあります。原因は胃酸の過剰分泌ですが、胃潰瘍の70%以上でピロリ菌感染が認められるとの報告もあります。

胃ポリープ

胃の粘膜にできる「しこり」のことです。粘膜の細胞が過剰に増殖することが原因で発症しますが、胃がんとは異なり良性の病気です。急激に大きくなったり、転移したりすることはありません。

自覚症状は全くないことが多く、健康診断などで偶然見つかるケースがほとんどです。しかし、大きなポリープの場合には胃痛や胸焼け、食欲不振等を引き起こすこともあります。大部分の胃ポリープは治療の必要はありませんが、まれにがん化することもあるので定期的な検査で経過を見ていくことが大切です。

胃炎

胃の粘膜に炎症を生じる病気です。胃炎には様々なタイプがありますが、「急性胃炎(急性胃粘膜病変)」と「慢性胃炎」に大きく分類されます。

・急性胃炎(急性胃粘膜病変)

急激に胃粘膜に炎症を生じるタイプの胃炎です。暴飲暴食、薬の副作用、感染症など様々な原因があり、胃痛や吐き気といった症状を引き起こします。重症化すると胃の粘膜が大きく抉れて出血が見られることもあります。

・慢性胃炎

胃の粘膜が萎縮して、胃酸分泌が減少するタイプの胃炎です。胃での消化機能が低下するため、胸焼けや胃もたれ、胃痛、吐き気などの症状を引き起こします。高齢者に多く見られる胃炎で、発症にはピロリ菌感染が関与していると考えられています。

十二指腸

十二指腸潰瘍

十二指腸にダメージが加わって潰瘍を形成する病気です。胃と十二指腸の境目近くに発症することが多く、20~40代の若者に多く見られます。

空腹時に強い上腹部痛が現れ、病変部からじわじわとした出血が続くため貧血になることも少なくありません。また、十二指腸は壁が薄いため、重症化すると十二指腸穿孔(十二指腸に穴が開く病気)に至ることもあります。そして、十二指腸潰瘍は一度治ったとしても再発を繰り返すケースが多いです。再発を繰り返すうちに十二指腸が変形して消化物が通りににくくなり、吐き気や嘔吐の原因となることもあります。

発症原因はストレスなどによる胃酸の過剰分泌と考えられていますが、発症者の90%以上にピロリ菌感染があることから発症にはピロリ菌が関与していると考えられています。

人間ドックでのオプション価格の費用相場(2018年編集部調べ)

15,000~30,000円程度

人間ドックでの胃カメラ検査の流れ

監修クリニックである、東京人間ドッククリニックで行われている胃カメラ検査の流れについて解説します。

1.鼻の通りを良くする薬を噴霧

スポイトに針がついたような器具で、鼻の中に薬を噴霧します。鼻に向けて噴射するものになりますが、これは痛みがあるものではありません。やや違和感を持つ方はいらっしゃるかもしれませんが、問題なく行えます。耳鼻科で行う吸入器の感触に近いものがあるようです。

局所血管収縮薬と呼ばれるもので、鼻の通りを良くするために使用されます。

2.麻酔薬の注入

局所血管収縮薬の噴霧と同じ器具で吸入を行います。やや痛みを伴い、味にも苦みがあります。麻酔はすぐに効き、喉のあたりの感触が薄れてきます。唾を飲み込もうとすると、気管に入ってしまうおそれがあるため吐き出すように指示を受けます。

Q.麻酔は痛くない?

編集部Bさん:痛みはあまりありません。 耳鼻科で受ける吸入器と同じような仕組みなので、苦手な方もいるかもしれません。注射ではないので、注射に抵抗のある方はこちらの方がよいという声もあります。

3.胃カメラ検査

ベッドに横になり、胃カメラを鼻から挿入します。左右どちらの鼻から入れるかを決め、ジェルを塗りながら入れていきます。

鼻にカメラを入れた際に痛みを感じるかどうかは、その方の鼻の形や大きさによります。全く気にならないという方もいれば、入れることができず仕方なく口から…という方もいらっしゃいます。痛みを感じるのも個人差があります。

喉・食道を通過するときにはやや苦しく感じる方もいるそうです。そこから、さらに胃カメラを奥へ流し込んでいき、胃や十二指腸を検査していきます。

検査を受けている間はベッドに横たわっているのですが、受診者からもモニターが見えるように、先生が確認するものとは別にもう1台のモニターが設置されています。先生が解説するのを聞きながら、モニターを見て自分の現状を把握することができます。(胃カメラがつらいと感じる方は、ひょっとするとモニターを見る余裕がないかもしれません)

炎症などを起こしている場合など、その場で見ることができるので少し危機感を煽られる方もいるそうです。胃カメラが挿入している間は、しゃべれないわけでもありませんが、やはり言葉は発しづらいようです。

4.検査後

胃カメラを抜いたら検査終了です。麻酔が残りますが、長くても2時間ほどで落ち着いてきます。ただ、普段よりは注意力が散漫になる可能性がありますので車の運転などは控えましょう。

Q.胃カメラ検査を受ける際の注意点

編集部Aさん:鼻が小さいと、カメラを入れるときに痛みを伴うことも。場合によっては口から入れる方に変えることもあるそうです。
編集部Bさん:個人差はあるようですが、痛みは麻酔のおかげで少ないです。鼻からカメラを入れるので、鼻毛が気になるかもしれません。気になる人はあらかじめ処理をしておきましょう。
編集部Cさん:検査後、麻酔の違和感が残る場合があるので要注意です。受診中はモニターが見えていて先生が解説してくれるので気が紛れますが、唾液が飲み込めないので垂れ流し状態になります。ティッシュを口に添えておかないと大変です。

胃カメラの種類とメリット・デメリット

胃カメラには経口内視鏡の他に、鼻から胃カメラを挿入する経鼻内視鏡があります。

経口内視鏡:

口から挿入するタイプの内視鏡です。従来から用いられてきたタイプの内視鏡で、直径が太く、内蔵されているカメラの鮮明度が優れているのが特徴です。検査と同時に組織採取やポリープ切除等、検査・治療を行うことができます。

一方、挿入時に嘔吐反射を伴うことも珍しくなく、経鼻内視鏡よりも「苦しい」と感じる人が多いようです。また、検査後にのどの痛みが残ることが多いと言われており、近年では身体への負担が少ない経鼻内視鏡にシフトする医療機関も多くなっています。

経鼻内視鏡:

経口内視鏡との大きな違いは鼻の穴から内視鏡を入れることです。吐き気をほとんど感じずに検査ができるのが特長で、患者自身がモニターを見ながら医師の説明を受け会話することも可能です。経鼻内視鏡に用いる極細径内視鏡の直径は約5mm。一般的な経口内視鏡は9~10mmですので、患者の負担が少なくなり、経口内視鏡で苦しい思いをして拒否反応がある人でも楽に受けられるのが大きなメリットです。負担も少なく、医師と一緒にご自分の体の状況を確認できるので、この経鼻内視鏡を取り入れているクリニックが増えてきました。

内視鏡でどのような状態がどんな疾患の可能性があるのかということを「胃カメラ検査で注意したい症状と病気」にまとめましたので、内視鏡検査のときの参考にしてみてください。

経鼻内視鏡
細くなった経鼻内視鏡
引用元:http://www.clinita.com/medical/evol-dock-top.html

画質や操作性が落ちるという指摘もありますが、最近ではカメラの性能が向上し、ハイビジョン画質で状態を確認できるなど、こうしたデメリットをカバーできるような機器を導入している人間ドックも存在しています。性能が向上したことで、咽頭がんや食道がんも見つけやすくなっています。

経鼻内視鏡と経口内視鏡のメリット・デメリット

メリット デメリット
経口内視鏡 ・内視鏡治療ができる
・画質が鮮明である
・挿入時に出血が起こりにくい
・嘔吐反射がでる
・のどの痛みを感じる
・呼吸が苦しくなることがある
経鼻内視鏡 ・嘔吐反射が少ない
・検査中に会話できる
・狭窄した部位を通過しやすい
・鼻血が出ることがある
・鼻腔が狭いと痛みがある
・内視鏡治療ができない

経口内視鏡が向いている方

  • 鼻腔が狭い方
  • 鼻血が出やすい方
  • 検査と同時に内視鏡治療を行う可能性がある方

経鼻内視鏡が向いている方

  • 過去に経口内視鏡でつらい思いをしたことがある方
  • のどが荒れやすい方
  • 咳が出やすい方
  • 内視鏡検査に対して漠然とした不安のある方
  • 身体への負担をなるべく少なくしたい方
監修医情報:
若杉慎司先生
(東京人間ドック
クリニック)
監修医情報 東京人間ドッククリニック    

人間ドック専門クリニックだからこそ、「効率的な検査を実施して短時間の人間ドックを実現したい」と考えている若杉先生。日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、日本医師会認定産業医、日本人間ドック学会認定医などの資格を持っています。

監修医情報:
三好勲先生
(東京人間ドック
クリニック)
監修医情報 東京人間ドッククリニック    

人間ドックは受けたら終わりというわけではなく、生活習慣を見直すスタートだと考えているのが、院長の三好先生です。検査当日には詳しい検査を行うのはもちろん、即日で結果のわかる検査は当日にフィードバック。生活習慣を見直すきっかけをつくれるように「ここを直すとこういう結果が出る」と、前向きな生活指導を心がけています。

問い合わせ先:03-5855-0590