東京でおすすめの人間ドックを大解剖!【人間ドックペディア編集部】

口コミ評判が良いクリニックの人間ドックを徹底リサーチ

人間ドックの疑問

人間ドックは受診するクリニックによっても異なる部分が多く、分からないことが多いのではないでしょうか。ここでは、人間ドックの受診を考える人から挙げられる疑問に対して、Q&A形式で答えていきます。

人間ドックの費用や選び方にかんするQ&A

みなさんがよく抱きがちな、人間ドックにかかる費用や選び方について、Q&A形式にて回答しています。人間ドックについて不安なことがあるなら、まずはこのページを御覧ください。

保険

人間ドックの費用は基本的には自己負担ですが、国民健康保険、社会保険、生命保険の制度を使って助成金を受けることも可能です。それぞれ、どのような制度なのか、どれくらい保障してもらえるのかを解説します。

人間ドックに適用できる保険があるかチェック>>

補助金

上記の保険以外にも、自治体から独自に助成金を受けることも可能です。お住まいの自治体によって条件や助成金額などが異なりますので、詳細はお住まいの市区町村役場のホームページなどでご確認ください。実例として東京都内の市の例を挙げています。

人間ドックに適用できる補助金があるかチェック>>

法人契約

会社では毎年健康診断をされていると思いますが、人間ドックを導入することでより従業員の健康を守ることにもつながりますし、福利厚生にもなります。厚生労働省の「職場定着支援助成金」制度などもありますので、職場で導入を検討されている方はチェックしてみてください。

人間ドックの法人契約についてチェック>>

人間ドックにかかる時間について

「人間ドックは時間がかかる」というイメージはありませんか?確かに検査項目が多ければ時間がかかります。選んだコースによって必要な時間も大きく異なりますので、まずはどんなコースがあって、どれくらいの時間がかかるのかを把握しておきましょう。

二日間(宿泊)

二日間に分けてみっちりと体を検査するコースです。ホテルなどに泊まる必要があり、時間とお金もかかりますが、それだけ精密な検査を受けられます。

二日間かかる人間ドックの検査をチェック>>

日帰り人間ドック

一般的な人間ドックです。まる1日かかる場合もあれば、2~3時間で終わる場合もあり、選んだコースや医療機関によって大きく異なります。

日帰りで終わる人間ドックの検査をチェック>>

半日ドック

その名の通り、半日足らずで終わる人間ドックです。特に東京人間ドッククリニックでは70分で、病気リスクを判断するのに必要な人間ドックが受けられるとされています。その早さの理由なども解説します。

半日で終わる人間ドックの検査をチェック>>

その他の人間ドッグの疑問

健診結果の見方

診断結果の判定は複数あり、「異常なし」「略正常」「要経過観察」「経過観察(3ヶ月後/6ヶ月後)」「要医療」「要精密検査」「治療継続」「要再検査」で診断されます。重視する項目は人によって異なりますが基準値をはみ出した項目、年々数値の悪化が見られる項目、生活習慣が関係しそうな数値を中心に健康状態を判断しましょう。

健診結果の見方をチェック>>

食事

人間ドックの際は、食事に注意しなければなりません。食事制限が必要な検査も多くあるため、検査内容を確認しておきましょう。一般的に前日21時以降の食事、人間ドック当日の朝食は食べてはいけません。また、健康を維持したいなら、人間ドック後の食事内容も意識して変えることが大切です。

人間ドックにおける食事をチェック>>

生理中

生理でもいくつかの検査は受けられますが、検査によっては正確な診断ができないことも。尿検査、便潜血検査、子宮がん検診など、経血が混ざると正確な症状がわからなくなる検査は受けられません。そのほか、注意点などを紹介しているので参考にしてみてください。

生理中の人間ドックをチェック>>

頻度

人間ドックを受ける頻度は人それぞれですが、年齢を基準に人間ドックの頻度を判断することも可能です。体の詳細な健康チェックも兼ねて、20~50代では年1回から2回程度が望ましいでしょう。健康リスクが高まる年代に適した頻度についてもまとめました。

人間ドックの頻度をチェック>>

妊娠中でも人間ドックは受けられるの?

妊娠中でも一部の検査を行っている医療機関はあります。ただし母親の状態は赤ちゃんにも影響するため、指示がない限り絶食や偏った食事などは控えたほうが良いでしょう。事前に医療機関などに相談したうえで受けることが大切です。以下では妊娠中の注意について紹介しています。

妊娠中でも人間ドックは受けられるの?をチェック>>

検査前日に注意すること

人間ドックの前日は、体調が急に変動しないよう普段通りに過ごしましょう。食事制限だけでなく、薬の服用などについても医師に相談したうえで当日問題なく検査を受けられるようにすることが重要です。

人間ドックの前日に注意すべきことをチェック>>

再検査

もし再検査になってしまったら、内容を確認したうえで再度受けてください。再検査と精密検査の違い、注意点などを踏まえておくとスムーズに進めやすくなります。知らず知らずのうちに病気が進行していることがないよう、「どうせ大丈夫」と自己判断せずに、医師の判断に従いましょう。

人間ドックの再検査をチェック>>